ブログ名はまだ無い(仮)

インフラエンジニアのツイッターには書ききれないつぶやきです



Ansibleを使ってサーバ100台にBaculaクライアントを簡単インストール

Baculaを使って仮に100台のサーバをバックアップすると考えます。

その際は各サーバにBaculaクライアントをインストールし、さらに設定ファイルに

パスワードなどの情報を記載する必要があります。

 

100台にインストール&設定ってめんどうすぎる・・・

 

ということで話題?のプロビジョニングツールAnsibleで、さくっと解決しましょう

簡単な資料を作成しました。

以下のSlideshareにて公開しました。

Ansibleを使ってサーバ100台にBaculaクライアントを簡単インストール

 

非常に簡単なAnsibleのPlaybookで実現できました。

今回はBaculaのクライアントを入れてますが、たとえば他のソフトウェアでZabbix

も監視対象のサーバにエージェントを入れることになると思いますが、上記の資料

を活用して、Zabbixのエージェントを監視対象に一発でインストール!なんてこと

もできると思います。

サンプルのコンフィグファイル

2015/04/13追記
Ansibleを使ってサーバ100台にBaculaクライアントを簡単インストールの資料の中でBaculaとAnsibleのコンフィグファイルについて解説しておりますが、コピペして使えるコンフィグを以下のgitに公開しました。

https://github.com/ksawada1979/Bacula_Ansible.git

上記ファイルをそのままコピーすれば使用可能な状態となっております。
IPアドレスは環境に応じて変更してください。

広告を非表示にする