読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ名はまだ無い(仮)

インフラエンジニアのツイッターには書ききれないつぶやきです



とりあえずZabbix3.0をインストールしてみた

Zabbix

ようやく?正式リリースされたZabbix3.0をとりあえずインストールしてみました。
個人的にちょっとつまったところだけメモで残しておきたいと思います。

インストール環境

CentOS7.2

事前準備

基本的に公式ドキュメントに沿っていけばOKだったのですが、事前にデータベース(MariaDB)インストールと
zabbixのデータベース作成しておく必要があるみたいです。

公式手順の前に以下を実施

・MariaDBインストール

# yum install mariadb mariadb-server


・my.cnf編集
character-set-server=utf8だけ追加しておけばよろしいかと。

# vi /etc/my.cnf
[mysqld]
datadir=/var/lib/mysql
socket=/var/lib/mysql/mysql.sock

==省略==

character-set-server=utf8

==省略==

・MariaDB起動&自動起動設定

# systemctl enable mariadb.service
# systemctl start mariadb.service


・MariaDB初期化

# mysql_secure_installation

表示例は省略しますがrootのパスワード設定など最低限のものは設定してください。


・データベース作成
データベースを作成します。
zabbixという名前のデータベースを作成し、パスワードもzabbixにしています。
# mysql -u root -p
Your MariaDB connection id is 13
Server version: 5.5.44-MariaDB MariaDB Server

Copyright (c) 2000, 2015, Oracle, MariaDB Corporation Ab and others.

Type 'help;' or '\h' for help. Type '\c' to clear the current input statement.

MariaDB [(none)]> create database zabbix;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'zabbix';
Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

MariaDB [(none)]> quit
Bye

以上で事前準備は完了です。

Zabbix3.0インストール

こちらは公式ドキュメントをご参照ください。
そのままなぞるだけでOKでした。

https://www.zabbix.com/documentation/3.0/manual/installation/install_from_packages#red_hat_enterprise_linuxcentos

・インストール画面にアクセス
公式手順を順に実行すると最後にインストール画面にたどり着きます。

http://<サーバIPアドレス>/zabbix/
右下の「Next step」をクリックします。
f:id:smile_0126:20160217102637p:plain

すると恒例?のtimezoneがエラーになっています。
f:id:smile_0126:20160217102847p:plain

・php.ini修正
php.iniのtimezoneを東京に設定します。
# vi /etc/php.ini

==省略==

date.timezone = Asia/Tokyo

==省略==

修正が終わったらApacheを再起動します。

# systemctl restart httpd

Apacheを再起動するとエラーがなくなりますので、右下の「Next step」をクリックします。

次にデータベース接続設定をします。
デフォルトのままで問題ありません。パスワードは先ほどのデータベース作成した時にパスワードを入力します。
本ページの例ですと「zabbix」になります。
パスワードを入力したら右下の「Next step」をクリックします。
f:id:smile_0126:20160217103905p:plain

次にZabbixサーバの詳細設定です。
ここは、そのままで右下の「Next step」をクリックしました。
f:id:smile_0126:20160217121913p:plain

あとは再びトップページに戻ります。
http://<サーバIPアドレス>/zabbix/
f:id:smile_0126:20160217122253p:plain

以上でインストール終了です。
デフォルトのログインパスワードは
Username Admin
Password zabbix
なので、お忘れなく!