読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ名はまだ無い(仮)

インフラエンジニアのツイッターには書ききれないつぶやきです



DRBD9環境をdrbdmanageを使って簡単構築 #1(インストール編)

DRBD9が9.0.2になりdrbdmanageも0.96になったので、改めて構築した際のメモ書きです。
DRBDのバージョンは9.0.2になりましたが新機能などは無くバグ改修などが中心のバージョンアップとのことです。

#1はひとまずDRBD9とdrbdmanageをインストール手順になります。

環境

今回構築した環境の各バージョンは以下になります。

ソフトウェア バージョン
CentOS 7.2
DRBD 9.0.2
drbdmanage   0.96  

構築構成

3台のサーバを構築しそれぞれをDRBD9でリアルタイムに同期します。インストールは3台全てで実施します。
本ページは以下の構成を前提とします。
f:id:smile_0126:20160610104528p:plain
r0とr1はリソースを表しています。DRBD9ではリソースの移動が容易になりました。仮にdrbd9-3のサーバを入れ替えするとなった場合に一時的にリソースをdrbd9-1に移動して、入れ替え後にリソースを戻すといったことが可能となりました。

drbdctlはdrbdmanageで3台のサーバを管理しますがコントロールの役目を持たせるサーバに設定します。

drbdmanageって?

drbdmanageは簡単にいうとDRBD環境を構築するためのツールです。DRBDバージョン8では設定ファイルを用意する必要がありましたがdrbdmanageを使うことによりコマンドで環境を構築することができます。厳密に言えばコマンドを実行することで設定ファイルが自動的に作られます。

事前準備

事前準備として以下を実施します。

  • selinuxをdisabled
  • firewalldを停止(firewalldは環境構築後に正しく設定してください)
  • 各サーバにOSインストール領域とは別にDRBD専用の空のパーティションを作成(今回はこの領域を/dev/sdb1とします)

パッケージ追加

ソースコードをコンパイルするために必要なパッケージとgit、lvmのパッケージを追加します。

# yum groupinstall -y "Development Tools"
# yum install -y libxslt pygobject2 help2man git lvm2

公開鍵作成と交換

公開鍵を作成します。drbdmanageを使う際に自動ログインが必要なために鍵交換をします。
対話式ですが、すでに何も入力せずに「Enterキー」で問題ありません。

# ssh-keygen -t rsa

次に鍵交換をします。
3台各サーバで互いに交換します。

# ssh-copy-id -i .ssh/id_rsa.pub root@<各サーバIPアドレス>

lvm作成

drbdmanageを使用して環境を構築する場合はlvm領域が必須になるためにlvm(タイプ8e)を作成します。DRBD専用に取った領域に対して以下のコマンドを実行します。
/dev/sdb1は例ですので環境に応じて読み替えてください。

# pvcreate /dev/sdb1
# vgcreate drbdpool /dev/sdb1

DRBD9インストール

DRBD9のインストールをします。ソースコードをgitでダウンロードしてコンパイルしてインストールします。

# git clone git://git.drbd.org/drbd-9.0.git
# cd drbd-9.0
# make
# make install

drbd-utilsインストール

drbd-utilsのインストールをします。ソースコードをgitでダウンロードしてコンパイルしてインストールします。

# git clone git://git.drbd.org/drbd-utils.git
# cd drbd-utils
# ./autogen.sh
# ./configure --prefix=/usr --localstatedir=/var --sysconfdir=/etc
# make
# make install

drbdmanageインストール

drbdmanageのインストールをします。ソースコードをgitでダウンロードしてコンパイルしてインストールします。

# git clone git://git.drbd.org/drbdmanage.git
# cd drbdmanage
# make
# make install


以上でインストールは完了です。

続きとなる「DRBD9環境をdrbdmanageを使って簡単構築」編は以下に続きます。
DRBD9環境をdrbdmanageを使って簡単構築http://ksawada.hatenablog.com/entry/2016/06/13/154411