読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ名はまだ無い(仮)

インフラエンジニアのツイッターには書ききれないつぶやきです



DockerのDRBDプラグインをインストールしてみた

docker上で使えるDRBDプラグインがリリースされたとのことで早速インストールしてみた際のメモになります。
以下の手順はdockerのコンテナ上で実施してください。コンテナはUbuntu16.04を使用しています。
またDRBDはデータを複製するために使うので最低2つのコンテナが必要になりますので2つ以上のコンテナで以下の手順を実施してください。

準備

DRBDプラグインをインストールする前にUbuntuで準備をします。

# apt-get update
# apt-get install software-properties-common

リポジトリ追加

次にリポジトリを追加します。

# add-apt-repository ppa:linbit/linbit-drbd9-stack

DRBDプラグインインストール

DRBDプラグインをインストールします。この時にDRBDを操作するツールdrbdmanageとDRBDも同時にインストールします。

# apt update
# apt install -y docker.io docker-compose
# apt install -y drbd-dkms drbd-utils python-drbdmanage drbdmanage-docker-volume

インストール確認

インストールされたことを確認します。

root@test # dpkg -l | grep drbd
ii  drbd-dkms                           9.0.2-1ppa1~xenial1             all          RAID 1 over TCP/IP for Linux module source
ii  drbd-utils                          8.9.6+7-1ppa4~xenial1           amd64        RAID 1 over TCP/IP for Linux (user utilities)
ii  drbdmanage-docker-volume            0.7-1ppa1~xenial1               all          Docker volume plugin for DRBDManage
ii  python-drbdmanage                   0.96.1-1ppa1~xenial1            all          DRBD distributed resource management utility

自動起動設定

インストールしたDRBDプラグインの自動起動を設定します。

# systemctl enable docker-drbdmanage-plugin.socket
# systemctl start docker-drbdmanage-plugin.socket

※自動起動設定はdrbdmanageでコンテナ2つをノードとして登録した後に設定します。

drbdmanageによるノードの追加は以下を参照ください。
ksawada.hatenablog.com

以上、インストールだけの簡単メモでした。